04-新作ADV
2018-04-19 Thu 20:24
今どきの学生ってなにを話してるんでしょうか?

雑談を挟もうにも、リアルをイメージすると
あのテレビ面白かったとか、ソシャゲがどうとか、
昨日のyoutubeで見た動画の話だとか、
食べ物やオシャレの話とかしかしてなさそう。

まぁそれは学生だろうと社会人だろうと
現代すべて通して変わらないかもですが
雑談をするって、難しいなぁって日々感じるばかり。

特に国嶋君は、ちゃんと練ってないからかもしれないけど
僕が脳内セッションで趣味はなに? って聞くと寝てるって返してくるようなやつだ。

お前なんで主人公なんだ……。 誰か教えてくれ

gasidasdasduasdisda.jpg

物語に動きをつける為に、物語に
学校付近をうろつく不審者を作りました。

見た目が不審者すぎるので後で変更すると思います。

たまに不審者が現れるみたいな話はリアルでも
聞くけれど、不審者ってなにやってるんでしょうか。

誘拐? 通り魔? ストーカー? 露出狂? 宗教勧誘?

まぁ、特に考えてないでパナしました。 なんとかなれ。


gbjsidajiodasiodjasidasd.jpg

不審者から守り、それから色々あって倉田さんの家に行き
倉田さんが、フリゲ制作者であることが発覚しました。

倉田さんが抱える悩みは、僕の悩みでもあると思う。

gdasdjasdjasiodjasiodasdasd.jpg

さっきのセリフから少し先のセリフのやり取り。

"新作で伝えたいことをすべて使い果たし
伝えることが無くなり新作が作れない作者"という
会話も繰り広げられるんですけれど、

僕自身の新作が作れない悩みを
新作に持ち込んでくるというのは、良くも悪くも
中々他の人には真似出来ない行為なのかもしれない。

会話の内容の1つに

「一人でゲームを作ってるだなんて凄いな!」

って、絶賛自画自賛してます。

倉田さんは可愛いけど、この先まったく考えてない。

どうすんねん……。
スポンサーサイト
別窓 | 新作ADV | コメント:0 | top↑
マグマサイ21回目
2018-04-15 Sun 23:17
0014-ルーニャ2180415

マグマオリキャラでもあるルーニャちゃんの3回目です。

1回目
2回目

春を感じる季節ということで桜を描きました。

自分のイメージのルーニャちゃんは1回目の絵に近くて、
2回目の時は大人っぽくなりすぎてしまったので
今回は、1回目の時の少女感を意識して描いています。

目とかも、露骨に大きくしています。

久しぶりに描いたからか、色々と
忘れてしまって下書き描いてる時に

「うわ、正面じゃん!」ってなりました(笑)
(正面にするつもりはなかったんですが)

配信で、珍しく下書きから入ってたのもあるかもしれません。


19回目のピスカの記事を見て思うこともありました。


腕の太さを懸念しているのに前髪の両サイドが
一致していないことに気づいておらず、今回は長さは統一しています。

前々回のピスカの絵もそうですが、僕の絵のだいたいの
キャラの前髪の部分が短すぎる気もしました。
(そういう絵もあっていいとは思うんですけれど)

今回のイラストのように、前髪を伸ばす? ほうが
良いんじゃないかなぁって修正が入っています。

この大きな前髪を、もっと影とか使って
割くことが出来ればよりよくなるかもしれませんね。

絵柄的に、こっちのが良く見えるかもしれませんけど……。

首の一番下の部分からいつも肩に入って
いましたが、首の途中から今回は描いていますね。

後は服からだと無いほうがいいのかもしれませんが、
脇が見えない絵が多いので、
脇があるような感じに線を伸ばしてみました。

真正面イラストではありますが、今回は自分が
出来ることの総力戦だったような気がします。

ルーニャイラストの線画に色がついてて
ああ、当時は線画にも色をつけていたなぁって
思い出して今回は線にも色を塗っています。

背景は間違って線画に塗ったのでしてない

また、くるみちゃんの時にも取り入れていたのですが

塗っている絵と影になっている部分があると思うのですが
ここの部分を2色ではなく、じわじわ変えるようにしてます

(この表現で伝わってくれるか分かりませんが)

くるみ配信時に来てくれたリスナーに筆や水彩画で
繋がってる色を滑らかにする方法を教えてもらったんですけれど

塗り→影→消しゴム(透過30~70%)とかで
影を消す、という方法を今回この絵を描いてる時に
思いついて、繋ぎ目の部分はそういう風にしてみました。

目の部分もレイヤー4つぐらい使ってますね。
目の下の部分とかも透過した鉛筆で塗っていたりで

透過を使った塗り、という手段を簡単にですが
身につけられたような気がしました。

線画を跨がないで色がくっつくところとかは、今後
しっかりレイヤー分けをして、滑らかにしていきたいですね。

また、今回はシワ表現も(一応)頑張ってみました。

僕の中で一番シワが作りやすい状況は、
真っ直ぐになっていない時なので、真っ直ぐに
書いてた線画を後から消しゴムで消して
袖をぐにゃってさせることでシワを作りました。

でも、それなら袖がもうちょっと手首よりも下にくるような
気もするけれどそれは面倒だったので妥協しました(笑)

頭のハイライトも忘れてないし、
今回はほっぺたをピンクで塗ったり、
手のひらにも、今回は影がついていたりする。

服も、緑ばっかでダサかったので
申し訳程度ですが服のパワーも上がりました(笑)

ほっぺから顎までの線とかは特に目立つなぁって
感じるようになって、線画を描いた後も、いやもっと
きれいに描こうって書き直したりとかもしています。

地味なとこも多いけれど、今回は
色々と頑張ってるような気がします。

かかった時間は4時間半でした。

描いた絵の枚数:26枚
マグマサイ21回目の続きを読む
別窓 | イラスト | コメント:0 | top↑
03-新作ADV
2018-04-06 Fri 08:25
半月に1回って書いたけれどわりと今週は
調子が良かったので記事にします。


edasidjiadijodiadassa.jpg

皆と仲良くなろうという手段で、
オンラインゲームが選ばれてしまいました。

そうなってしまったのは成り行き……?

dadasdasdjsadioasdasda.jpg

この先の会話のくだり。

こういう、お互いが煽りあえる仲って良いですね。

円城寺くんは一緒に喋っていて楽しいです。
今後も出番を与えてあげたい(未定)


ea2.jpg
eb2.jpg


本日の美崎さま。

可愛いと感じるものに、独特なセンスがある。





感じたこと。

そこまで会話の展開はツクっていないのに現時点で

現実の顔、ネット内の顔、オンラインゲームの顔と3つある。

これを序盤で一気に展開していくのは
プレイヤーが覚えきれるのかどうかが不安です。

そこにもっていく展開としてはちょっと早いような気もします。

ここにくるまでの合間に、もう少しイベントが
あったほうが良いかもしれませんね。

ネットゲーム内でも現実の顔アイコンを表示させて
喋らせるというのも手なのですが

ネット内は文字でのやり取りが主体になるので、
そこに表情がきてしまってはいけないような気がしてしてないです。
(おそらく、そうしたほうが今後良い方向に働くと思う。)



色々と思うことはあるんです。


打ち込みより先にどういうゲームなのか考えるべきでは? とか


会話はもっとスマートに会話出来ないものか? とか


ADVとしてるけど、文字を読むだけで
ゲームとして呼べない状態になっていないか? とか


さっきのような、現代の顔とネットの顔を覚えるのは負荷にならないか? とか


などなど。 そういうのを考えれば考えるほど、
悩んでしまい作品の着手が出来ない状態でした。

なるべくそういうのを、考えつつも、
意識しすぎないようにやっていきたいな。
強気の姿勢で打ち込みをしていきたい。

改めてツクりながら思ってて、やっぱり人と人が
会話するイベントを作るのが楽しいんですよね。

こういう好きの部分を推していくのにも、
ADVを選んだ理由の1つかもしれませんね。

グダグダですけれど、
結構面白い会話もしてくれています。

もちろん、悩むことは悪いことではないと思うんです。

が、ここでその話をすると長く(というか面倒臭く)なったので割愛します。


この調子で色々と展開出来ればいいなぁ、
さてさて、どんな物語になるか楽しみだ。

そうそう、当初は色々なキャラクターを動かして物語を
交差させるザッピングシステムを採用しようと思っていましたが

こちらに関しても、まず1つの物語が出来ていないと
組み立てが難しいのでは? という疑問から保留にしています。

とりあえず円城寺くんが面白いって話でした。 おつ
別窓 | 新作ADV | コメント:0 | top↑
02-新作ADV
2018-03-28 Wed 23:23
現在制作しているADVですが、

難航というか、船も作らずにクロールで
島まで行こう! としている感じがしています。

前記事で少し触れたかもしれないですが、
元々現代の面倒さとかを表現したかった
作品なのに問題点が結構見つかります。

baaiasdidasiodasdasdasdas.jpg

今回、ネット世界があるんですけれど曲者です。

よくあるノベル風ではなく、ツクール式のADVを採用して、そこでの
メリットでキャラクターが動かせる部分があることだと思うんですけれど
背景に文章表示だけで終わってしまい動きがない作品になります。

ネット系とツクール式ADVは相性が悪いのかもしれませんね。

また、ネットの世界なんでハンドルネームとかがあったりして
1人のキャラで2つの名前を覚えてもらう必要があるのでは?とか
考えると、ちょっと面倒くさいところに足を突っ込んだと思います。

ちなみに、高校生が使うアイコンについても少し悩みました。

主人公がカピバラで、友達がサボテンって……って(笑)

bbajisjiodjodasdasdasd.jpg

幼馴染の美崎さんを作りました。

元気で明るく優しい女の子です。

bdsadaidasidjasodjiasdasd.jpg

beaijisdajdioasdasda.jpg

倉田さん。美崎さんと反対みたいな感じの人。

序盤のシナリオ運びは、まず1つの目的として
クラスの雰囲気を良くしていこう!という方向に。

主人公は知らない誰かと話すたびに初手ヤンキーか
なにかに思われそう(普通に良い人なんだけど)

なんか考えて制作してるように見えるかもですが、
最近の制作方針よろしく、何も考えてない現状です。

彼らの日常風景を流すのもいいかもしれないけれど、
ゲームである以上、着地点は必要だと思う。

そうなればセオリーとしては、誰かが抱えている悩み
もしくは主人公が抱えてる悩みを解決するのが手っ取り早い。

しかし、現段階の設定の話になりますが、
この手のタイプの主人公のダメな点があんまり見つからない。

もし、今後なにか事件が起きるとしたら主人公ではなく
他の誰かが抱えてる悩みにぶつかっていくのかもしれない。

でも、主人公が解決していいのかな?って違和感がある。

有能な主人公という意味ではヴェルネもそうだけれど
ヴェルネには感じなくてダイゴには感じる違和感。

この主人公がそうだと、ちょっと変かもって

自分の中で、なんでそう思うのかな? って追求していくと
この主人公が高校生だからじゃないかな? って答えになった。

(自分の気のせいかもしれないけれど……。)

前回、席を7つ用意したと書きましたが変更しました。

序盤でキャラを一気に出すのはプレイヤーに負荷が当然かかる。

また、キャラの掘り下げが必要になることを考えたら
多くなればなるほどプレイ時間が長くなると思うし

目の前に抱えてる倉田さんとの
会話シーンまでは作りきりたいですね。

現代の面倒さとかを表現したかったとは書いたけれど
実際、自分が表現したいことはあんまりない。

前回の長編RPGで伝えたいことを伝えきった感じがして
こんなADVでどう伝えるんだって本当分かりませんが
完成してる頃に答えが見つかると信じて打ちます。

ってか、それでしかゲームツクれないと思う(笑)


悲しいことに、もうやりたくなかった
創作の話に、また踏み込むことになるかもしれない。

踏み込んだパターンになったら、日記に書くかも……。

現代ADV進捗については、初心に帰って
このブログで書いていこうと思います。

半月に1回を目処に、進捗をあげていきたい。

それでは今日はこの辺で
別窓 | 新作ADV | コメント:0 | top↑
マグマサイ20回目
2018-03-19 Mon 13:14
0007-あっくん大魔王180316re

今回はバーチャルYouTuberのあっくん大魔王です。

世界征服をするという表向きな目的
バーチャルYouTuberを盛り上げたい人物の一人。



45分ぐらいから、歌を歌います。

なぜ泣いているのかを知れば知るほど悲しくなるし、
もっと笑っているところを描くべきだったかもしれません。
自分も、何度も涙がこぼれてしまいました。

このシーンが自分の心に響いてしまって
描かないといけないという気持ちになりました。

絵でそう思わされたのは初めてです。

あっくん大魔王っていう悪そうな名前だけれど、
中の人から滲み出る良い人感がすごいので、
彼には人気というか、幸せになってほしいなと思いました。

絵についてですが、人型ではあるものの
慣れてないものを描いていた気分でした。

なるべく、傾いてる感じにしようと思って
左角と右角とで見せ方を変えましたが
今の自分の限界感がありますね(笑)

マイク持たせるの難しいです。

兜とか描いたことないけれど、
立体感ちょっとがんばってるかも?

描いた絵の枚数:25枚

あとおまけ
マグマサイ20回目の続きを読む
別窓 | イラスト | コメント:0 | top↑
| 魔熊のゲーム制作所 | NEXT