the89兎のゲーム制作記ⅡPart45
2017-05-23 Tue 15:29
baasidjiasdjasiodioiosdasdsa.jpg

the89「無事、Part45までたどり着けました……。」

ルトエナ「なんとなく、Part1を見返すと記事の作成が14/02/26ってなってますね(笑)」

the89「かれこれ3年以上制作し続けているのか……。」

ヴェルネ「2年ぐらいは放置してる期間だとは思うけど。」

ルトエナ「今回のトップの画像、人いっぱいですね!」

the89「今、活躍している人達を置くとこれぐらいになるの」

ヴェルネ「現段階でそれって、相当いるよね」

ルトエナ「管理しきれるんですかね、これ(゚д゚)」

the89「ぶっちゃけ、無理です^O^」

ヴェルネ「コツコツ、出していくしかなさそうだ」

ルトエナ「ですね(笑) それでは更新していきましょー!ヽ(≧∀≦)ノ」

bbajiodsjdioaiosdasiodasdsd.jpg

the89「今回は、ウィズさんに物語の相談に乗ってもらうよ」

ルトエナ「どういう感じの話なんです?」

the89「ディアンのアドバイスを受け、葛藤を入れ込んだものの、
どっちを選んでも幸せになれない事に気づいてしまった。 みたいな」

ヴェルネ「ガーベラって確か、ハッピーエンド主義者だったもんね」

ルトエナ「幸せなお話にする為に、どういった手段をとるんですかね?(°_°)」

beaopsjdiasjdasiodasdisdasdsa.jpg

the89「だから、こうするの。」

ヴェルネ「え?」

ルトエナ「えっ?」

the89「両方取ればええやん、という選択肢。」

ヴェルネ「……別にやり方をとやかく言うつもりはないんだけど、らしくないよ」

the89「なにが?」

ヴェルネ「どんだけつまらないギャグは入れても、
こういう無意味な選択肢とか、入れてこなかったじゃないか」

ルトエナ「ですよね! どれだけつまらないギャグを入れていても!」

the89「なんでそこ強調!?」

bfiasjdioadjiojdioasdsass.jpg

the89「とってもふわふわしている結末」

ヴェルネ「こんな展開にさせてしまって大丈夫なのかな?」

ルトエナ「なんだか、聞いていて不安になってきますねー(´・Д・)」

bgdasudasuydgasuydguyasdasd.jpg
bhuiguuuu.jpg

ヴェルネ「デウス・エクス・マキナ?」

ルトエナ「なんでしょうそれ?(・Д・)」

the89「まぁまぁ、話を聞きたまへ」

ヴェルネ「ってか、ウィズがゴーグル外してるね」

the89「ゴーグル外してる時はマジメとかいう謎キャラ」

ルトエナ「でも、キャラチップはゴーグルつけっぱなしですね(笑)」

the89「あー! たった今設定ミスに気づいたw」

biuihuihuihuiuihui.jpg
bjuhuihuihuihuihuihuih.jpg
bkuhuihuihuihuihuihuihuih.jpg
blhuihuihuihuhuiuiui.jpg

ルトエナ「つまりは、ご都合展開のお話でしょうか(°_°)」

the89「要約すると、そうなるね。 今回はその手の話」

ヴェルネ「ご都合展開って言葉を聞くだけでもあまり良い印象はないね。」

the89「だねー、便利ではあるんだけども悪手になりがちかな」

ルトエナ「ですねー(´・Д・)」

the89「このゲームも、神に祈ったら完成したらいいのにね」

ヴェルネ「そう思う暇があるならちゃんとツクってよ」

ルトエナ「あはは(笑) それでは今日はこの辺でー!ヾ(・∀・)ノ」

マップ数更新
368→396

一番頭の画像が、今更新してる街のところでの
主要なキャラ達なのですが、本当に多いですね。
(これだけいたら、ゲームがツクれちゃいそうです)

プレイヤーがサブキャラクター達の
名前というか、存在を覚えてもらえるような工夫を
いずれ何処かでしたほうがいいかもしれませんね……。

今回は、ご都合展開について書きました。

ぶっちゃけ、自分の裏山薬草ゲームフェスの
展開がデウス感凄いです(笑)

プレイヤーに「祈る」しかない選択肢を選択させています。
こういうのって、ギャグゲーとかにありがちなのかな。

ここには、個人的に理由があってやっています。
今までやってこなかったやり方を使うことで
プレイヤーの記憶に残るようにしたい。

という気持ちは、とりあえずありますかね。

他にもあるんですが、後で響いてくる
仕組みなので、その時が楽しみです。

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト
別窓 | HC制作記 | コメント:0 | top↑
the89兎のゲーム制作記ⅡPart44
2017-05-10 Wed 07:41
the89「4ヶ月ぶりぐらいの更新だー!」

ルトエナ「本当に久しぶりですね(笑)」

ヴェルネ「今まで何をやってたんだ……。」

the89「別のゲーム制作に気をとられまくって、長編が一向に進まないマンと化してる」

ルトエナ「まぁまぁ、短編でもゲームが完成することは良いことじゃないですか!」

ヴェルネ「そうかなぁ……。 でも、去年末に完成予定じゃなかったっけ?」

the89「えっ、完成度いまだに70%なんですがそれは……。」

ルトエナ「これはコツコツ進捗上げていくしかないですね(笑)」

the89「ってことでPart44が始まるわけだぜ!」

aasdjasiodsjiodjiasdisjiodasjiodasoasdd.jpg

the89「前回の続きで闘技大会に挑むことになったよ。」

ヴェルネ「また闘技大会……? 好きだよねthe89さん」

the89「いや、闘技大会はストーリーに持ち込みにくいから大嫌いです^^;」

ヴェルネ(だったら、なんで2回もメインに入れちゃったんだろう……。)

ルトエナ「メイディン家主催の大会で、メイディン家の人が参加してますね(笑)」

ヴェルネ「優勝商品を主催側で回収しようとするってまた卑怯な……。」

the89「今回は3回勝てば優勝だよ。」

abaidjiosdjioasjdioasdasd.jpg

the89「ディアンのことを知るメイディン家の使用人さん」

ヴェルネ「化け物って……。」

afasjdijiddadjiosdjasiodasdas.jpg

ヴェルネ「五本刀?」(なんだろそれ

ルトエナ「刀を扱う中で、上位5人のことみたいですよ?」

the89「そろそろ、ディっちゃんが刀を扱わない理由も語っていきたいよね」

ルトエナ「ディアンさん回にしていくわけですね!」

the89「うむ! んで、なんやかんやで闘技大会は終わりまして」

ヴェルネ「はやっ」(闘技大会の部分もういいんだ

aiasdashudhasuidhsuiaduiasads.jpg

the89「ガーベラさん性格の話かな。」

ajashduhduiashdasuidhasuidasdas.jpg

akasdjasiodjasidjasdiodasd.jpg

aldsijaidsjaiojsiodasdas.jpg

amasdiasdasuidhasuidasdiadas.jpg

ansadasidjasidjasdashduidsaas.jpg

the89「ルー君 vs ムトさん ファイッ!」

ヴェルネ「実際、キャラクターを殺せないことは欠点でしかないの?」

the89「いや、正直わかりません^O^」

ルトエナ「でもthe89さんも、キャラクター殺せない病にかかってますよね(笑)」

the89「いや~! 無理っすよ、特に一緒に冒険してきた仲間を殺すなんて!」

ヴェルネ「確かにそういう話はthe89さんあまり好きじゃないイメージあるね」

the89「うん。 まぁ、僕チン優しいからね」

ヴェルネ「え?」

ルトエナ「あはは(笑)。 それでは今日はこの辺でー!」

・マップ数更新
367→368

ずっと前からツクってはいるけれど更新をしていなかった部分。

前に書いたかどうか忘れましたが、
闘技場って苦手です。 どうしても戦闘が
メインになる為、会話シーンが弱くなってしまうので……

なるべく、会話周りが劣らない工夫はしているつもりですが
戦って終わり! って感じにはならないようにはしたいですね。

闘技大会はディアン回ですね、なるべく
キャラクター1人1人に焦点は当てていきたいです

それと、後のほうの画像は
ガーベラのいない視点モードで
ムトとルークが会話するシーンです。

今回はキャラクター殺せない病についてを題材に話しました。

そういう自分もキャラクター殺せない病ですけど
それってデメリットでしかないのかな?

なんて思うことは、何度かありました。

メイン内に直接ぶつけようとしてた話題だけど、
言わせるタイミングがなかったのでサブイベで妥協。

Actionの画像はいつか変えたい……w

それでは今日はこの辺で。
別窓 | HC制作記 | コメント:0 | top↑
第12回ふりーむコンテスト
2017-05-01 Mon 09:28
第12回ふりーむコンテスト

zkasidjaidjasidjiaodjasidasdas.jpg

こちらでも記載させて下さい。 なんと受賞しました。

賞としては健闘賞で、賞の中では一番
小さな賞にはなりますが、自分がまさか
ここに選ばれるなんて思いもしなかったです。

今回400作品ぐらいの作品がコンテストに応募され
その内、約100作品ぐらいが何かしら受賞しています。

そこだけ見ると、受賞確率は25%ですけど……。

周りを見渡すと名の知れた方の作者さんだったり、
ネット上でなにかしら良い評判を聞いてたりした作品が多く

マジか~自分、ここにいていいのかな?ってちょっと
疑問になってしまうところがありますねw

去年も、チェミィのアルケミーという作品を提出していたんですが
フツーに選外でした。 発想でワンチャンあると思ってたけどダメでw

チェミィの時は、(放置ゲーだけど)放置の間が
退屈だったってレビューされていて。

確か砂漠はそんなチェミィのコンテストの後の
作品だったので、ダメ出しが出来ない作品作り!には
特に力を入れてツクっていた気がします。

色々と思ったこと。

・マップ

普段から、気にしていました。自分のマップ作りは他の人と
比べてバカみたいに大きいんです。(移動速度はその分2倍)

シンボルエンカウントで避けやすくしたい、距離感をツクりたい。
というところが、そうしている一番の理由ではありますが……。
他の人と違うということにコンプレックスを抱いていました。

だから、審査員の方がマップが移動しやすいって
書いているのには凄く嬉しかったし、自分のこの
やり方が1つの方法として間違えてなかったと
思えることが出来たのは凄く自分にとって良かったです。

・受賞について

今回のこの砂漠の雨のゲーム。

処女作品の魔王を倒した後の設定という世界で、
処女作で生み出した勇者ヴェルネが主人公のゲームです。

処女作の公開はもう5年ぐらい前で、それ以降は
ぐりこのおまけ程度しか出てきませんでしたが、
砂漠でそんな長い時を経て主人公になりました。

そんな作品が、このふりーむコンテストで
初めて賞を頂けたのがこの作品なのは、
感慨深いものがあるなと、思います。

絵も音楽もスクリプトも借り物で、
マップが人より馬鹿みたいにデカく、
処女作の後日談としてツクった作品で、
ツクールに元から入っているキャラクターを使っていても。

それでも賞がとれたって功績を残すことが出来たのは、
それは少なくても自分にとって、とても嬉しいことだったりします。

宝くじを買うつもりで参加したコンテストでしたが、参加して
良かったです。 支えてくれた皆さんには本当感謝したいですね

それと、こんなブログを見ている人はそうとう変わり者だと
思いますけど、応援してくれている方がいたのならば有難うございました(雑)

それでは今日はこの辺で
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
RPGツクール第10作
2017-05-01 Mon 06:45
サムネイル

バジルの裏山探検

新作公開しました。 今回の作品はエトリエのとりあか氏に
一緒に参加しようと誘われ、参加した形になります。

その為、制作者としては マグマ/とりあか のモノとなります。

絵だけもらっても、普段の素材屋としてのとりあかさんと
変わらなくない?って感じがしたので他にも幾つかお願いしました。

どこを手がけたのかは、プレイすると二人を
詳しい人なら、なんとなーく分かると思いますw

データファイルを丸ごと渡しあってやり取りをして、
お互い作業が進んだら追加していく感じでしたかね。

共同制作、という形での制作では初めてで。
でも楽しかったですね、どういう形式であれ
また誰かと一緒にやってみたいなって思いました。
別窓 | 完成品 | コメント:0 | top↑
裏山薬草ゲー
2017-04-15 Sat 08:55
裏山薬草ゲームフェス

サイトの説明文にも書いてあるとおり

裏山に薬草を取りに行くゲームをみんなで創って交流しよう!

という企画みたいです。

こちらに、自分も参加してみようかと思っています。

裏山薬草ゲーは、

絵が描けない、音楽も作れない、スクリプトも打てない
自分が、どれだけ自分の力(と素材屋さんの力)で
自分らしいゲームを作れるかを、せっかくだし挑戦してみたい。
って意気込みが、ちょっとだけあったりします。

悪い言いかたをすると、いつも通りにやりますわ。 ということ
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
| 魔熊のゲーム制作所 | NEXT