03-勇者ヴェルネと女神の血
2019-08-18 Sun 01:35
リアル繁忙により少し遅れましたが更新します。

bbausdhuydhasudhasdasdiasda.jpg

旅人二人が強そうな人に襲われているのに対して

勇者ヴェルネが迷いなく助けようとするけれど
そんなヴェルネの行動が面倒ごとに巻き込まれると考えるキハル。


bdasdiudhasuidha.jpg

結局突っ込んだ勇者ヴェルネ。

現実的すぎるゲームツクってからだと、
ヴェルネ君みたいな聖人は少しモヤるけれど……。

戦闘中に会話シーンを入れてみようみたいなとこ。

色々と出来ることを探っています。

basaashduihdiasduiasdadas.jpg

新しい町はヴェルネの町よりも建物を少なくしました。

本来ならば洞窟を抜けるとクレイドが住んでいる(?)
魔法学校がある街に着くんですけれど
ストーリーを変更しています。 今日着手する直前までは
魔法学校の街に行こうと思っていたはずなんですけれど……。

beasudhidhaidasdsa.jpg

処女作だと、何故か存在してある
作者の小屋で事情を聞くんですけど
この村の宿で事情を聞くことにしました。

アルティルちゃん。 砂漠の雨やシクルの町では
ヴェルネと結婚してることになってるので
なんとか作中内で恋愛関係を結び付けないといけない。

WDルティアのような大人しいキャラでもあるので
いかにキャラを掘り下げようか、悩ましいです。

鎧の人に最近襲われているから、
この大陸を抜け出すまでは二人を無償で
護衛しちゃうよとか言っちゃう勇者ヴェルネ君。

人が良すぎて、作者も頭を抱えています。

……が、ヴェルネはこれでいいんだと思います。

bfasuidhauidasdasdasda.jpg

二人を助けるよ! といった矢先 村で
困りごとがあるのを聞いて助けようとするヴェルネ。

自分の身体は1つしかないのに、色々と
やりますやります! って言うのって凄いな……。

実現する気はあると思うけど、出来なかったら
めっちゃ感じ悪いヤツな気がする(笑)

bgahsuidhdidasuidsadsa.jpg

仲間と同行することになったのにも関わらず
あっさり人助けをしようとして、止められる。

カリウス。 アルティルの兄……(?)

今後の流れ次第では兄ではなくなるかもしれない。
マグマゲーの中では結構バッサリ言うタイプ。

回復タイプのアルティルさんと
攻撃タイプのカリウスを入れて
3人で次のダンジョンをクリアします。

処女作には存在していない
村を1つ挟んだ理由としてはクレイド加入までに
アルティルとカリウスを知る機会が少なすぎるので、
この二人がどんな人なのかが分かるエピソードを
入れ込むことが出来ればなぁと思いました。

出来るかどうかは置いておきます。
スポンサーサイト
別窓 | 勇者ヴェルネと女神の血 | top↑
マグマサイ44回目
2019-08-06 Tue 01:10
20190731藤宮ナナre

雨上がりの小戯曲から藤宮ナナ

資料を見ながらやってはいたんですけど
思いのほか良い出来になりました。

今回の工夫したところといえば
線画の外側の部分を濃くしてみました。

前からやってみたいと思ってたのでやりました。

外側はまぁ太くするのはいいとして、耳の部分とか
太くする必要あるのかなぁってちょっと悩んでしまった(笑)

後は花火、エアブラシに加えて
初めて発光を使ってみました(ノリで)
目立たないようにレイヤーをぼかしています。

このイラストは7月末に描いていたんですが
藤宮『ナナ』なだけに滑り込みで描きました。

それと本編における、花火と藤宮ナナの
関係性が深いのでこの季節に
描くには持ってこいのキャラでした。

余談:花火に関係する……という話でしたが元々
夏に完成する予定だったから関係性があるんだけど
結局年末になってしまったという(笑)

描いた絵の枚数:62枚
別窓 | イラスト | top↑
02-勇者ヴェルネと女神の血
2019-07-30 Tue 23:28
Part2です。 続いてよかった。

前回の時点で書けなかったことでも書きます。


asaisdjodjiodjiooidsadsad.jpg

ataopsodoadoapdadadasd.jpg

勇者ヴェルネの冒険の目的になります。

Part1のヴェルネ的な行動として、
こうなってしまうのが自然かと思いました。

人助け、ボランティア!ってなると
WorldDestinyのラルクさん感がありますね。

ある意味逆リスペクトかなって思ったので採用しています。

が、WorldDestinyのラルクさんは
聖人すぎるってツッコミを貰ったりと
あまり好感を持たれている印象がありませんでした。

やってることはエンシェルと同じだと思ってて
(というよりエンシェルの性格をラルクに似せていた。)

聖人で人気が出ないのは『男だから』という
理由ではないかとどこか決めつけていたんですけれど
僕の中で男聖人でもなんとかなる予感がしたので
曲げずに聖人で通していこうと思います。




apajsdijdiosajdioasdsad.jpg

aqiasjidadjisoadasdaad.jpg

キハルの目的は妖精界に帰ることになります。

妖精といえば、オタマの三妖精だったり
マジーに出てくる意味わかんない妖精だったり

「妖怪じゃなくて、妖精です」って言ってた
HopeColorのエルナさんもそうなのかな。

新作では魔物って概念になっているけれど、
キハルが「魔物じゃなくて、妖精よ」って
ツッコミ入れるセリフがあったりとか
こういう過去作リスペクトなセリフは
思いついたらガンガン入れたくなる病です。


帰還鏡という名前は
召喚士見習い達と英霊の塔から
引っ張ってきていていて、このアイテムは
瞬時に本拠地に戻るアイテムだったりします。

とはいえ、最序盤で一々鏡の説明するのも
プレイヤーに負荷がかかるので言い方を変えるかも。

英霊の塔で帰還鏡というのができたのは、
処女作でダンジョンの中盤とかで
鏡でダンジョンの入り口に戻る
優しさでできた鏡から取ってきた気がする。


araisidoadjdasodjsadasda.jpg

前回アドバイザー的な位置づけにするという
話をしていたんですけどこんな感じで
ターンを消費せずに戦いのヒントを
教えてくれる存在にしようと思っています。

キハルちゃんは現状戦えないですね。

前回も書いていたんですけど戦略性に
悩んでいたので仲間にしたい気持ちもあります。
気が向いたら、プレイ可能なキャラになるかも。

ってな感じです。
別窓 | 勇者ヴェルネと女神の血 | top↑
01-勇者ヴェルネと女神の血
2019-07-15 Mon 18:02
お疲れ様です。 

ふわふわですが更新していこうと思います。

新作のタイトルは、恐らくですが
勇者ヴェルネと女神の血というタイトルになります。

最近は99%ぐらい完成した時にタイトルを
考えているのですが今回は珍しく一番最初に決まったかも。

というのも、今作が処女作の
リメイクを制作しようと思っているからです。

タイトルが最初とまではいかずとも序盤で決まった
作品はHopeColor以外には無かったと思います。

例外でWorldDestinyはWorldDestructionというタイトルを
序盤につけ、完成間近まで制作してたパターンはあります。

agasidjasiodjioadasodad.jpg

最序盤。 勇者ヴェルネは森の北へ進んでいく。

処女作では自室で目を覚まし、勇者として活動する為に
王様に会いにいくという流れでしたが大幅に変更しています。

北へテクテク歩く姿は勇者ヴェルネと砂漠の雨の
序盤をイメージさせる為に意図的にそうしています。

(生成ツールを利用してますが)絵は自分で描きました。

オタマも差分だけなら描いていましたが
自作イラストは初挑戦になると思います。

ahasuidhasidiadsiadadasd.jpg

今回はSRPGで行こうと思っています。

処女作はRPGだったんですがSRPGです。(リメイクとは)

現在主人公のしかおらず戦略性を見出すのが難しい為、
早い段階で仲間を加入させられたらなあと思います。

afadsuihuiasdhasuidhasuidasd.jpg

勇者ヴェルネが暮らしている最初の村です。
王様という要素はこの村からは除外しました。

SRPGなのに村が必要なんですか? と
疑問に持たれた方もいたんですが、
僕は現状欲しいと思ったので導入しました。

ahasuidhaudasuidad.jpg

先人の方々の活躍によって魔王が封印された世界。

という環境に変更しました。

魔王は封印されたと言ってますが、魔物はまだ存在しています。

akasidjiodjaiodadadad.jpg

ajasidjadjasodasoda.jpg

この世界では魔王を倒す人物が勇者だという認識が強い。

勇者として世界を良い方向に変えるのが本来の役目なのに
いつの間にか世間は魔王を倒すことが勇者の役目なんだと
思い込んでいるみたいな世界で人助けをしたいという純真な気持ちで
勇者を目指すヴェルネ君のお話みたいなのにしていきたいと思います。

が、処女作路線はなるべく通りたいとは思っています(願望)

処女作には存在しなかった
キハルというキャラを生成しました。

SRPGのアドバイザー的存在が欲しいのと
(ゼルダの伝説の妖精と同じような認識)

処女作で大人しい人が多いので、
話題展開ができそうな人が欲しかった為。

名前は雨上がりの小戯曲の
美崎ハル(ミサキハル)から取っています。
髪型も少し似せています。

後は妖精という観点から春をテーマにした
オタマよ、大海を抱けっ!も連想できる為、
その春(ハル)の部分ともかけています。

ヘアピンはガーベラのつもりで描きました。
(つもりなので全然そう見えませんね。)

今はこんな感じですがどうなるかは分かりません。
雨オペの時も円城寺くんが「僕」ではなく「私」って
言ってたり教室に主要人物7人を入れ込もうとしたりした。

とりあえず今日はこの辺で。
別窓 | 勇者ヴェルネと女神の血 | top↑
マグマサイ43回目
2019-07-05 Fri 22:39
お久しぶりです、生きていました。

20190620久留田くるみ

普段は5~10時間ぐらいかけていますが

今回は1時間で挑戦しました。
ワンドロは2回目です。→→初回はこの記事の1枚目

影は間に合わなかったけれど、頑張れば
ここまでいけるんだなぁと成長を実感します。
(最近ろくに絵も描いてないけれど。)

新作のゲームの構想練りすぎで生まれた産物です。

新作は処女作のリメイクをする予定ですが、
リメイクするだけだと、話が薄っぺらすぎる為
話を大幅に改変して制作しようと考えています(リメイクとは)

雨オペの時みたいに半月に1回ぐらいの
頻度で更新できたらいいなぁと思います。

雨オペの時はほぼ半月に1回更新しながら
最後まで完走していて偉かったですよね!


まだ固まってない部分も多いけれど、
メモ帳以外になんで詰まっているかを
文字に起こす場所があったほうがいいと思う。

7月中旬ぐらいから始められたらいいな。

描いた絵の枚数:61枚
別窓 | イラスト | top↑
| 魔熊のゲーム制作所 | NEXT