例えるのなら
2017-08-17 Thu 10:21
女「人ってまるで、咲いてすぐ散る花のような存在ね。」

男「花?」

女「そうよ、一度散ってしまったら咲くことなんて
あり得ないんだもの。 生きていたとしてもね」

僕「ふーん……。」

女「なによ、不満そうな顔をして……。」

男「僕はね、人間って牛乳だと思うんだ。」

女「牛乳って……。」

男「牛乳は美味しいけど、腐ってしまうよね。
でも、ヨーグルトとしてまた美味しくなれるから。」

女「なにそれ、人を牛乳なんかで例えないでよ」

僕「あはは、確かに今のは
ただの例え話だよ。でも花だってそうでしょ?」

女「そうだけど……。」

男「人の考え方なんていくらでもあるんだから、
例え話に思考を縛られないことだね」




って感じの夢をみました。 なんですかこれぇ……。
作中に入れるところもないだろうし没w

ただ、例え話が軸の会話は面白そう。

例えば、彼氏のいる女の子が好きになった時に

お前はゴールキーパーがいたらシュートを打たないのか?
という例えと、人の物をとったら
泥棒ってポケモンで習わなかったか?

っていう例えがあったりします。

例え話は所詮、例え話でありそういうので
人を縛ることは出来ないとは僕は思います。

それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
生存報告
2017-08-12 Sat 11:59
生きてます。

今はとりあか氏が企画されている天使と悪魔のゲームセレクト
参加しようとしています。今回は共同でゲームを
ツクっているのですが、僕のほうはとても順調で
もうやることなんて、そんなにないって感じの状況です。

後は相方次第でのんびり待ってる感じだけれども、
シナリオイラスト担当なもので少し難産気味。

でも、日々日々進んでいるのは分かるので
期限に間に合うかは分からんけれど完成はできそーです。

その時はまた配信とかやってみよーかな。

後は長編のHCでしょうか。前にVer0.70で
何人かにプレイしてもらったことがありますが
現状はこっそり0.75ぐらいになっています。

0.7から0.8にする際に、一番会話が
苦しいところが出来たのが大きいですね。

天使ゲーの手伝える事が本当になくなったら
もう一度こっちに手をつけれればいいなと思います。

それでは今日はこの辺で
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
1つのお題
2017-06-12 Mon 14:57
「一生幸せな夢を見続けられるのなら、
夢から覚めないほうが幸せだと思わない?」

自分の長編RPGのキャラクターが、そんな感じの発言をする。

うーーーーーーーーーーん、分からん!

答えを出す必要なんてないと思うけれど、
自分の中でその答えを見つけていたいなぁ。

クソ日記。
別窓 | 日記 | コメント:5 | top↑
第12回ふりーむコンテスト
2017-05-01 Mon 09:28
第12回ふりーむコンテスト

zkasidjaidjasidjiaodjasidasdas.jpg

こちらでも記載させて下さい。 なんと受賞しました。

賞としては健闘賞で、賞の中では一番
小さな賞にはなりますが、自分がまさか
ここに選ばれるなんて思いもしなかったです。

今回400作品ぐらいの作品がコンテストに応募され
その内、約100作品ぐらいが何かしら受賞しています。

そこだけ見ると、受賞確率は25%ですけど……。

周りを見渡すと名の知れた方の作者さんだったり、
ネット上でなにかしら良い評判を聞いてたりした作品が多く

マジか~自分、ここにいていいのかな?ってちょっと
疑問になってしまうところがありますねw

去年も、チェミィのアルケミーという作品を提出していたんですが
フツーに選外でした。 発想でワンチャンあると思ってたけどダメでw

チェミィの時は、(放置ゲーだけど)放置の間が
退屈だったってレビューされていて。

確か砂漠はそんなチェミィのコンテストの後の
作品だったので、ダメ出しが出来ない作品作り!には
特に力を入れてツクっていた気がします。

色々と思ったこと。

・マップ

普段から、気にしていました。自分のマップ作りは他の人と
比べてバカみたいに大きいんです。(移動速度はその分2倍)

シンボルエンカウントで避けやすくしたい、距離感をツクりたい。
というところが、そうしている一番の理由ではありますが……。
他の人と違うということにコンプレックスを抱いていました。

だから、審査員の方がマップが移動しやすいって
書いているのには凄く嬉しかったし、自分のこの
やり方が1つの方法として間違えてなかったと
思えることが出来たのは凄く自分にとって良かったです。

・受賞について

今回のこの砂漠の雨のゲーム。

処女作品の魔王を倒した後の設定という世界で、
処女作で生み出した勇者ヴェルネが主人公のゲームです。

処女作の公開はもう5年ぐらい前で、それ以降は
ぐりこのおまけ程度しか出てきませんでしたが、
砂漠でそんな長い時を経て主人公になりました。

そんな作品が、このふりーむコンテストで
初めて賞を頂けたのがこの作品なのは、
感慨深いものがあるなと、思います。

絵も音楽もスクリプトも借り物で、
マップが人より馬鹿みたいにデカく、
処女作の後日談としてツクった作品で、
ツクールに元から入っているキャラクターを使っていても。

それでも賞がとれたって功績を残すことが出来たのは、
それは少なくても自分にとって、とても嬉しいことだったりします。

宝くじを買うつもりで参加したコンテストでしたが、参加して
良かったです。 支えてくれた皆さんには本当感謝したいですね

それと、こんなブログを見ている人はそうとう変わり者だと
思いますけど、応援してくれている方がいたのならば有難うございました(雑)

それでは今日はこの辺で
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
裏山薬草ゲー
2017-04-15 Sat 08:55
裏山薬草ゲームフェス

サイトの説明文にも書いてあるとおり

裏山に薬草を取りに行くゲームをみんなで創って交流しよう!

という企画みたいです。

こちらに、自分も参加してみようかと思っています。

裏山薬草ゲーは、

絵が描けない、音楽も作れない、スクリプトも打てない
自分が、どれだけ自分の力(と素材屋さんの力)で
自分らしいゲームを作れるかを、せっかくだし挑戦してみたい。
って意気込みが、ちょっとだけあったりします。

悪い言いかたをすると、いつも通りにやりますわ。 ということ
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
| 魔熊のゲーム制作所 | NEXT